背中ニキビが夏にできやすい理由と対策について

  

夏は、汗をかきやすくなりそちらを放置してしまっているとその汗のpH値が弱酸性からアルカリ性となって、ニキビの原因菌であるアクネ菌などが繁殖しやすい環境になります。

汗をかくと皮膚がアルカリ性に傾くことで肌の殺菌力が低下し、細菌が繁殖してもそれらを追い払うことが出来なくなってしまうのです。

さらに、夏は他の季節と比べて皮脂量が増えることからアクネ菌がそれをエサとして増殖しやすくなります。

また、気温や紫外線などの影響もあって角質が剥がれるサイクル(ターンオーバー)が急激に行われるので、新しく生成された角質層がどうしても未熟な皮膚となってしまいます。

生まれ変わったばかりの肌はバリア機能がしっかりとしていなかったり皮脂が溜まりやすかったと外部の影響を受けやすく、ニキビができやすい環境といえます。

他にも、暑さによってなかなか寝付けなかったり食欲不振を招いてしまうことから、睡眠不足や栄養不足でストレスが溜まりやすくなってしまってそれがニキビの原因になってしまうこともあります。

加えて、冷房もで肌の乾燥を引き起こしてしまうので、乾燥ニキビが生じてしまうこともあるのです。

このように夏は背中ニキビにとって悪条件な環境が揃い、結果ニキビができやすいと言われているのです。

■ 夏の背中ニキビ対策

・いつも以上に清潔に保つ

とにかく汗や皮脂が主な原因となるので、汗をかいたらこまめにふき取って、その日のうちにシャワーを浴びて背中を清潔にすることが大事です。
体を洗う際は、洗いすぎてしまと皮脂などの取り除きすぎて、ニキビを悪化させてしまうので洗いすぎは要注意です。
洗った後は、肌を守るためにも保湿を忘れずに行いましょう。

・食生活を正す

普段からも重要なことですが、夏の時期は特に皮脂量が増えたりしてしまうので皮脂をコントロールするビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCを積極的に補って下さい。反対に、油分の多い肉類や糖分を多いお菓子などは皮脂量が増えるためになるべく控えた方が良いです。

・ストレスを溜めない

気温の影響や寝不足や食欲不振などが重なって何かとストレスを感じやすくなる季節ですが、そうなるとホルモンバランスが崩れてしまったりすることで過剰に皮脂が分泌されやすくなってしまうので、趣味の時間や運動する時間を作りストレス解消を心がけた方が良いです。

・紫外線対策

プールや海などに行く場合は、必ず日焼け止めを塗ること。
UV対策を行わずに長時間紫外線を浴びると、その影響で皮脂の酸化が活発になり、ニキビが出来たり悪化してしまったり、ニキビがある場合はニキビ跡に繋がってしまいます。