ストレスと背中ニキビの関係性について

  

ストレスが背中ニキビの原因になっていることも多くあります。

『ストレスなんて関係ないでしょ?』と管理人もそう思ってましたが、どうやらそれは間違いのようです。

人間はストレスを感じてしまうと自律神経の交感神経が優位となることでアドレナリンが放出され、体内に活性酸素が増え過剰に皮脂が分泌されるそうです。

背中というのは元々、体のパーツの中でも皮脂腺が密集していることから過剰に皮脂が分泌されると皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、背中ニキビが出来てしまいますし、既にニキビが出来ている場合はニキビの原因菌であるアクネ菌のエサとなってニキビの悪化に繋がります。
(ストレスによって分泌する皮脂は、通常よりも粘り気があって肌にとって刺激が強い。)

さらに、ストレスによってステロイドホルモンが放出されることも解っていて、こちらは肌を守る免疫の低下に繋がるので、少しの刺激によってニキビが出来ることはもちろんニキビを改善する力も低下してしまいます。

また、女性の場合、ストレスを受けた際に自律神経が乱れてホルモンバランスを崩してしまうことがあります。

ここでいうホルモンバランスが崩れるというのは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの中で後者が優位になってしまう状態で、プロゲステロンといのは男性ホルモンと役割が似ていて過剰に皮脂を分泌させるといった特徴があるために、その皮脂がニキビの原因に繋がってしまいます。
それだけでなく、バストにハリがなくなったり髪の毛が痛みやすくなっり肌の角質が硬くなったりもします。

ホルモンバランスが崩れた状態というのは生理前の状態と一緒で、『生理前になるニキビが出来やすい』というのはこのプロゲステロンが関係しているのです。

このように、ストレスを感じてしまうとニキビの原因となる皮脂を過剰に分泌させてしまうことの他にも、肌自体が弱くなってしまうのでニキビが治りにくくなってしまいます。

尚、背中のニキビが出来たことがストレスとなってニキビを悪化させてしまうといった悪循環もあるので、なるべくストレスを解消させることを心がけて下さい。

そうすれば、過剰な皮脂分泌が抑えられたりホルモンバランスが整う※ことで背中のニキビが改善しやすくなります。

※エストロゲンの分泌が正常であれば、プロゲステロンの働きをシャットアウトすることも出来るのでニキビが改善されやすくなります。
エストロゲンを活性化させる方法ですが、大豆製品(豆腐、納豆、味噌、おから)に含まれている大豆イソフラボンの摂取がお勧めです。