化学繊維の服が背中のニキビの原因になる理由

  

あらゆる原因によって背中のニキビが出来てしまいますが、服もその原因のひとつです。

特に、ポリエステル、アクリル生地といった化学繊維の素材というのは背中ニキビの原因になります。

その理由として、ポリエステル、アクリル生地といった化学繊維の素材というのは汗を上手く吸収することが出来ずに通気性も良好とは言えないのです。

そうなると、肌は常に蒸れいている状態となるのでニキビの原因菌であるアクネ菌の増殖が活発になってしまいます。

さらに、化学繊維というのは構造が棒状のような作りになっていて素材も硬めで弾力性もないことから、肌への摩擦力が大きくなってしまうために擦れるたびに肌の角質までを削り取ってしまい、そのことが刺激となってニキビを悪化させてしまうのです。

私達は普通に服を着ているだけでも衣服圧といって肌への負担となっていることから、上記のような素材では必要以上に肌を傷つけてニキビを悪化させることになってしまいます。

ちなみに、着ると温まると言われている人気商品やパジャマにも化学繊維が使用していることが多いので、素材を必ず確認してから着用するようにしましょう。

他にも、ウール、レース、ニットといったチクチクした素材の服も、肌と擦れた時に刺激になってニキビを悪化させてしまうこともあるので避けて下さい。

背中ニキビに向いてる服の素材は?

それでは、どのような素材がニキビに良好かと言うと木綿の素材が一番お勧めで、こちらは肌への摩擦力も少なく汗の方もしっかりと吸収してくれます。

ただし、いくら良い素材であってもタグなどが体にあたることで痒みに繋がってニキビが悪化することもあるため、なるべく背中部分にあるタグはすぐに切るようにした方が良いです。

加えて、木綿であっても洋服の縫い目が刺激になることもあるので、その場合は縫い目のない洋服や下着などの着用がお勧めとなります。

まとめますと、化学繊維の服は、夏は蒸れによってアクネ菌をいつも以上に増殖させ、冬の季節では乾燥によって摩擦を引き起こし、それがニキビを悪化させてしまうのです。

背中のニキビやニキビ跡が治らないという方は普段着ている下着の素材もチェックしてみましょう。