あごや首にできるにきび・吹き出物はどうしてできるの?

あご・首にきび/吹き出物

あごや首にできるにきび・吹き出物の原因

あごにきび・首にきびは吹き出物の中でも、嫌なタイプのニキビです。あごや首のニキビは、女性だけでなく男性にも患者が多いのが特徴です。炎症を起こしている時の対処法をしっかり学んでください。

あごや首周辺のニキビは、成人後によくみられるにきびです。顎(あご)や口周りなどのフェイスラインに出来、比較的ニキビが目立つ為、早急に治したくなりますよね。

あごにニキビが出来てしまう原因の1つが、女性の場合は生理やストレスなどによる、ホルモンバランスの崩れが一番の原因です。

生理前にニキビが増えるという人は、あらかじめにきび発生の周期を掴みとり、生理前には油物を控えるとか、甘味を控えるとか、ちょっとした気遣いだけでニキビの発生を抑える事も出来ます。

ニキビを触るのは厳禁

悪化させる原因に、顎(あご)のにきびや口周りのフェイスラインのにきびは手に触れやすく、知らずに汚れた手で触ってしまうことも悪化の原因の1つです。
男性の場合は、ヒゲ剃りにも要注意です!!

ヒゲを剃る時に薄っすらと血を流していると、知らず知らずにそこからばい菌が入り込み、皮膚が化膿してアゴにきびに発展するケースもあります。なるべく、電気シェーバーを利用するとか、ニキビが出来ている時はヒゲを剃らない、またはヒゲ脱毛してしまうといった対処が必要です。

顎(あご)にきびや口周り・フェイスラインのにきびができた場合は、ケロイド状になる前に皮膚科で治療をすることを強くお勧めします。吹き出物と甘く見ていると、すぐにケロイド状になり、にきび跡が残ってしまいますよ。

でも、自分で出来る対策も結構あります。例えば、普段からストレスを溜め込まないことや、睡眠を十分に摂る、栄養のある食事を食べるなどの対策が出来ると思います。皮膚科での治療と平行して自己ケアも積極的やりましょう。

あご・首にきび・吹き出物のまとめ
女性の場合、あごや首にきびは生理前に発生するケースが多い。 男性の場合、ヒゲ剃りがあなたのニキビを増幅させている事もある。


口の周りにきび。吹き出物

口の周りのニキビと吹き出物は、肌荒れの中でも目立ちます。今使っている洗顔料があなたの肌に合わなかったりしませんか?

口の周りにニキビが出来やすい人は、毛穴が詰まっている可能性が高いです。毛穴が詰まると余分な皮脂が蓄積して、ニキビが発生しやすくなります。

また、考えられる理由の一つに油物が大好きな人という事もあります。知らず知らずのうちに口の周りに油物のカスが付着しているケースがあり、ニキビが出来やすい肌の状態になっていたりします。食後の歯磨きだけでなく、食後の洗顔もセットでやるのが理想だったりします。

正しい洗顔方法で口周りのにきびケア

にきびの予防や対策というのはいきなり効果があがるわけではありませんので、長期的視野で1日も欠かすことなく確実にスキンケアを行なうようにすることが重要です。

毎日の事でニキビをケアできるとすると、正しい洗顔方法を習慣化することです。にきび専用の洗顔料を利用するのも一つの方法です。

基本的にダブル洗顔でしっかりと皮脂やお化粧を落とすようにしましょう。そして、化粧水はたっぷりの量を素早く付ける事。

洗顔後、乾いたお肌をすぐに化粧水で水分補給に努めるだけでも、お肌の質感が変化します。肌に優しい化粧水は、化粧水ランキングなどを参考にするのがいいでしょう。

髪の毛を洗いざらしにしたまま放置すると、バサバサになりますよね。洗顔後に化粧水をつけないという事は、あなたの顔がバサバサの髪の毛と同じ状態になっているという事です。

毎日行なう、にきび予防の基本的なスキンケアは以上のことを上から順番に行なうことなのですが、必ず自分の肌質に合った商品を使うようにして下さい。

乳液や保湿クリームは、皮脂量の多い方が使用するとかえってにきびができやすくなることもあります。自分の体質を見極めて適量を付与してください。

口の周りにきび・吹き出物のまとめ
口の周りにきび・吹き出物は、食べ物と洗顔に注意!!洗顔料選びが口の周りのニキビ対策で重要になります。


頭皮にきび・湿疹の炎症を治療

頭の中にポツポツ吹き出物が… 怖いのは、見えないこと!!!

頭皮のニキビや湿疹は、目で確認しにくい為、掻き毟ってしまい、赤みを持った炎症を悪化させているケースは多いです。

頭皮にきび・吹き出物が発生している人は

ニキビが顔だけに出来るものだと思っていたら、大間違いです。
当サイトの最大のテーマにあるように、背中だったり、胸・頭の中にだって発生します。通常、頭皮は髪の毛に覆われているから、頭皮が炎症してニキビになっていても発見されにくいです。

ただ、一度頭皮にきびを認識してしまうと、頭皮が気になり掻き毟ってしまう事が多いようです。これは、自分の目で確認する事が出来ない為、とりあえず処置として、爪で引っ掻いてしまうのです。

このような行為を続けている間は、頭皮にきびは治りません。頭皮に出来るニキビや湿疹をしっかりと理解して、治療しましょう。

洗髪に細心の注意を払おう

ニキビ=ストレスやホルモンバランスの変化だから、仕方がないと諦めている人多くないですか?でも、頭皮にきびの場合は日々のシャンプーを見直すだけで劇的にニキビが回復するケースもあります。

頭皮が常に油っぽいからと言って、洗浄力の強いシャンプーで、毎朝晩、洗髪することは決して良くありません。洗髪のし過ぎは、肌本来が備えている油分を取りすぎてしまうため、それを補おうと、さらに皮脂が多く分泌されてしまうこともあるので、かえって逆効果ともいえます。

またすでにニキビや湿疹が出来ている場合は、炎症を悪化させるケースもあります。頭皮の汚れの7割は、シャンプー前に行うすすぎ洗いによって落ちると言われています。

したがって、シャンプーによる洗髪は2日に一回に変え、他の日はお湯洗いで済ますといったことも試す価値はあるでしょう。

さらに、刺激の強いシャンプーは絶対NGです。炎症で頭皮の赤みを悪化させるだけなので、少々値段が高くなりますが、リーブ21のような発毛専門会社がだしている、無添加オーガニックシャンプーを積極的に使いましょう。

ヒアルロン酸注入のまとめ
頭皮にきびを掻きむしらない!!! 洗髪の習慣を見直し、無添加オーガニックシャンプーを活用しよう。